※現在、現応ラボのロゴを募集中です(応募資格は駒大生となります)。詳細はこちらをご覧ください。

 










ラボのこと

駒澤大学経済学部現代応用経済学科ラボラトリ(地域協働研究拠点)は、地域社会に開かれた研究拠点となることを目的として、2018年4月に設置されました。

持続可能な地域経済社会の実現のために、地域に根差した「産官学金」の自由な交流・研究と実践活動を行うことを目指しています。

 


地域のプラットフォームとして

現代応用経済学科では、 「ビジネス経済コース」と「コミュニティ経済コース」の相互連関をもたらす「アントレプレナー育成プログラム」を重複領域に設置することになりました。

 

本ラボは、アントレプレナーシップ(起業活動)を軸に置き、教員・学生と学内外の多様な関係者が協働し、オープンな連携のもとで研究・教育・地域貢献を融合させる地域プラットフォームのエンジンとなります。


応援団・研究員

①ラボの活動を支えてくださる「応援団(民間企業、公共団体、市民活動団体)」を随時募集しています。

 

②「(外部)研究員」を不定期に募集しています。


定例会やシンポジウムで情報交換・情報提供

2018・2019年度は、毎週第4木曜日に研究員による定例会「アントレプレナー交流会」を開催し、ブレストと情報共有をおこないます。

2020・2021年度は、コロナ禍ということもあり、定例会という形ではなく、シンポジウムや年度末のラボ総会で情報提供をしています。


Facebookページもあります

Facebookページでは、ラボの最新のイベント情報などを提供しています。